どうも、釣り人の有馬です。

昨日、「2018年シーズン渓流ベイトフィネスについて考えていたこと」という記事を書いて、最後で次回に続きますとしていたので、続きを書いていきたいと思います。

前回のおさらいとしては、渓流ベイトタックルで数回釣行してみた中で、この先ベイトは小渓流だけで使用していこうと思っていて、スピニングと違いアンダー気味のキャストが中心になって、キャスト時水面を叩きやすくなったことが気になっていたので、ロッドを検討してみようとなりました。

で、今回は検討の結果購入したニューロッドについてです。

購入ロッドの検討

以前は、5.3ftのロッドを使用していましたが、アンダー系キャストには少し長いと思っていたので最近多くなってきたショートレングスベイトモデルを購入しようと物色し始めました。

持っていた渓流ベイトロッドがスミスのBST-HM53UL/Cだったので、売却すれば20000円近くは手に入るかなと思っていました。

なので、購入価格は25000円程度までで、4ft台のロッドを購入しようとネットで検索開始しました。


調べてみると、主要メーカーでは、ほぼショートレングスモデルが出揃っている感じでしたので、選択肢はかなりありました。

その中で、外観と商品説明で気になったのがこの2本です。


まずは、テイルウォークのトラウティア43L/Cです。
これは、価格の安さと外観が結構好きだったので購入対象に入りました。



次が、バレーヒルのアークストリームASC-44です。
こちらは、トラウティアより10000円以上高い感じでしたが、3ピースで専用ケースが付属されるので持ち運びに便利そうだなと思い購入対象になっていました。


あと持ち運びに関してはテレスコ(振出)ロッドがありますが、以前移動中に折ったことがあるのでそれからは購入しなくなり、今回も選択肢に入っていません。

トラウティア43L/Cを購入

結局検討の結果、購入したのはテイルウォークのトラウティア43L/Cです。

理由は、前のロッドより1フィート(約30cm)程度短くなるため、まずは購入してキャストを実際してみないとわからないと思い、最悪失敗してもがっかりしない安い価格のロッドからにしてみようと思ったからです。

なので、最終的には15000円以下あたりの価格帯のロッドを物色していました。


この価格帯のモデルは結構ある中で、なぜテイルウォークを選択したかというと、以前テイルウォークのルシファーというスピニングロッドをメインで数シーズン使用し、コスパが良いロッドだと感じていて、このロッドもたぶん大丈夫だろうなと思ったからです。

で、購入しました。
購入したショップは、ナチュラムで値段は12000円程度でした。

安い!

このくらいの価格なら失敗しても、まあまあ落ち込みません。

それでは、このロッドについて僕の撮った写真と合わせて紹介していきたいと思います。

写真で見るトラウティア

ロッド説明

まずは、ロッドに付いてきた紹介カードから。

ロッドの長さが4.3ft、対応ルアーウエイトが最大で7g、対応ラインが最大で6lbで、レギュラーアクションのロッドになります。

では、次はロッド単体を見ていきたいと思います。
Troutia43L-1
Troutia43L-2
Troutia43L-3
Troutia43L-4

これ最初見た時は、出来が良いので本当にこの値段でいいのかと思いました。

手で持った感じも、しっかり馴染み、いい感じです。
これは、予想以上にいいかもと思いました。

では、リールを装着してみましょう。
Troutia43Lとスコーピオンbfs1
Troutia43Lとスコーピオンbfs2
Troutia43Lとスコーピオンbfs3
Troutia43Lとスコーピオンbfs4

やっぱりいいです。
バランスとかも問題なしです。

ちなみにリールは、来シーズンも僕のメインであろうシマノのスコーピオンBFSです。


これたぶん、モデル名出さずに写真だけ見たら1段階上の価格帯とも張り合えるんじゃないかと僕は思っています。

それくらい安っぽさがないです。

使用感について

見てくれだけではわからないので、使用感について書いていきたいと思います。


結論から言うと、今のところ最高ですということです。

1番良かったのが、キャスト。

ロッドが短くなることで、どうなるかと心配でしたが、練習1投目で確信しました。
最初からショートレングスにしとけばよかったと。

それくらい、キャストがしっくりきました。

もし、スピニングからベイトに替えてキャストが安定しなくなった方は、ショートレングスを試してみてください。

僕は、今シーズンは、家でのキャスト練習だけで実釣は来シーズンとなってしまいますが、キャストだけでいうと、かなり来期に期待しています。

あと、レギュラーアクションで思っていたより、柔らか目で僕にとっては扱いやすいです。

ただ、まだキャスト練習だけで実釣はしていないので、流れの中でのルアーアクションとかレンジコントロールとか引きの強い魚とのファイトとか、その辺に関しては、たぶん大丈夫だろうと思っていますが今のところ思っているだけです。

それでも、キャストについては感動したので、スピニングからベイトに変更してキャストで悩みがある方は、一度ショートレングスロッドを試してみることをおすすめします。

今購入して、冬の間キャスト練習をすれば来シーズンレベルアップして渓流に立てるのではないでしょうか。




クリックするとナチュラムで購入できます。



クリックするとAmazonで購入できます。