どうも、釣り人の有馬です。

岩手県では、もうすぐ渓流解禁から1ヶ月が経過しようとしています。
フキノトウ

僕のメインフィールドである岩手県西和賀町(にしわがまち)の和賀川水系は、例年通りであれば雪深くルアーで釣りをするのは困難な状態なのですが、今年は積雪が少なく3月上旬から釣行、そして、魚と出会うこともできました。

で、今回動画を作ってみましたので、少し解説していきたいと思います。

YouTube動画


今回の動画は、9分30秒程度の尺になりました。

開始から35秒あたりまでが、釣行準備のシーンになります。
ルアーフック交換

リールにラインを巻いたり、ルアーのフックを交換したり、GoProの準備をしたり。
渓流の釣り人にとっては、待ちに待った瞬間ですよね。

36秒あたりから1分13秒あたりまでは、渓流風景のシーンになります。
20200307西和賀町風景3

解禁当初は、60cm程度の積雪がありましたが、1ヶ月でかなり積雪は無くなってきました。
林道は除雪が入らないため、まだ車で入ることはできませんが4月の中旬には、結構入っていけるようになるかもしれません。
20200329西和賀町林道

1分14秒あたりからは、2020初岩魚のヒットシーンです。
20200307和賀川水系の岩魚1
ダウンストリームではありましたが、流れの中でヒットしたのでうれしかったです。
詳細は、以前の記事「2020年3月7日の和賀川水系釣行記録~投げて巻くだけでも~」で確認できます。

2分29秒あたりからは、2020初山女魚ヒットシーンになります。
20200315ヤマメ1

護岸個所のため、高くなったところからキャストしたので、絵的にはイマイチでしたが釣れる瞬間が上から丸見えだったので、なかなかスリリングでした。まぁ、小物ではありますが。

3分あたりからは、バラシのシーンになります。
今シーズンもすでにバラシは何回かありましたが、このシーンが一番印象的でした。
20200314渓流3

こういう笹ゾーンを通すような釣りで、魚が出てきてくれた時が最高に楽しい瞬間です。
タイトル通り、新しいスピニングロッドでの初釣行になりました。結果的には、ボウズでしたが川幅が狭くキャスト練習には、効果的でした。
20200314渓流スピニングタックル1


4分37秒あたりからは、3月15日の釣行で釣れた黒岩魚と山女魚のヒットシーンになります。
20200315岩魚1
岩魚は、ダウンストリームでスプーンを使用していました。
20200315ヤマメ4
こちらの山女魚もスプーンでヒットしました。魚にやる気があったため、ルアーが水面から出る直前にヒットしました。
詳細は、以前の記事「2020年3月15日の和賀川水系釣行記録~やっと釣れ始めました~」で確認できます。

6分37秒あたりからは、3月28日のヒットシーンになります。
良型山女魚

25cmちょっとといった感じではありましたが、僕の2020年3月の釣果では最大サイズになります。
秋色を残しているような山女魚で綺麗でした。
詳細は、前回の記事「2020年3月28日の和賀川水系釣行記録~良型山女魚釣れました~」で確認できます。

8分25秒あたりからは、3月29日のヒットシーンになります。
大分苦戦した日でしたが、ダウンストリームでなんとかボウズは免れました。
20200329山女魚

こちらは、近いうちに記事を書こうと思っています。

来月も動画を作れるように、釣果を増やしていきたいと思います。
まぁ、コロナの影響でどうなるかは全くわかりませんが、外出制限が出ない限りは釣りに行こうと思っています。

僕の場合は、基本単独釣行なので、ほぼ人には合いませんが一律で外出制限がかかった場合は諦めるしかないですね。
大都市圏以外は無いように思いますが。
20200315沢内の風景