どうも、釣り人の有馬です。

先日、緊急事態宣言が全国に拡大され、住んでいる地域によっては外出を控えている方も多いかと思います。
渓流釣りに出かけたくても、近場に渓流が無い方は自粛されているかもしれません。なので、現時点で自分が渓流釣りで使用して便利だと思っている物をまとめてみました。
すべて、Amazonで購入できますので、気になった方はリンクから購入してみてください。僕の懐も少々温まります。
渓流ルアー便利グッズ

ルアーリターン245

最初に登場するのが、ルアーを回収する棒、ルアーリターン245です。
ルアーリターン

以前から気になっていたのですが、何となく購入まで至らず、やっと2020シーズンから導入しました。
購入していなかった理由は、4000~5000円という価格です。3000円以下だったら、躊躇なく購入していたと思いますが、僕的には微妙に躊躇する価格でした。

しかし、購入してみると最高の道具だということがわかりました。

渓流ルアーフィッシングの場合、水中の枝なんかにルアーが引っ掛かることがあるじゃないですか。水深が浅ければ、手を突っ込んで回収できますが、深くなると難しくなります。特に解禁当初は、水温が低いので少し腕を突っ込んだだけでも、なかなかに厳しい場面があります。

そこで、ルアーリターンなんですね。
収納時は30cmちょっとなのですが、最大245cmまで伸びます。で、先端のゴールド部にルアーを引っ掛けて回収できます。
活躍したルアーリターン
ルアーリターン8

購入前は、本当に回収できるのか不安でしたが、手にしてみると便利で手放せなくなってしまいました。
そして、4000円程度で購入したと記憶していますが、Dコン2個、DO-UP1個の回収に成功しているので、すでに元を取りつつあります。途中で故障しない限りは、確実に元は取れるでしょう。


糸クズワインダー

渓流ルアーフィッシングだと、わりとライントラブルがあるものです。
ライントラブル

ライントラブルになると、結構な長さを切ったりしますよね。で、困るのが切ったラインの収納です。これを購入するまでは、フィッシングベストの空いているスペースに無理やりしまっていましたが、無理やりしまうのでピロっとラインが出てきて邪魔になったりするんですよね。
糸クズワインダー

でも、この糸クズワインダーがあればピロっとならずにラインを収納しておくことができます。
構造シンプルで低価格。
糸クズ

構造的には、ラインの先端を入れるスリット部分があり、親指でグリグリと回すと中の剣山部分も回りラインが回収されていきます。回収したラインを捨てる時は、蓋をパカっと開けて中で丸まったラインを取り出すだけです。
20190406活躍した物

時代の流れ的にも、特に渓流釣りでは自然に配慮していく必要が今まで以上にあると思うので、素晴らしいグッズです。


カールコード

カールコードって便利ですが、必要以上に長くて邪魔になったりしませんか?
そこで、C&F DESIGNのカールコードセットが渓流ルアーフィッシングでは、使い勝手が良いと思っています。
C&F-DESIGN-カールコード

特徴は、この長さですね。
短い方が、カールコード部約6cm、長い方のカールコード部が約11cm。この長さのおかげで、邪魔になりにくく気に入っています。

僕の使用方法は、短い方は水温計とホイッスル、長い方には熊スプレーを取り付けています。
カールコード1
カールコード2

こんな感じで必要最小限の長さです。したがって、伸びるとは言え限界があるので、特に熊スプレーなど緊急時に必要な物は、自宅で長さが足りるかチェックしておくことが重要だと思います。


メイホウ MC-50

メイホウのMC-50は、小型ケース4個セットです。
言ってしまえば、ただのケースではありますがルアーフィッシングの小物入れとして丁度良いサイズ感だと思います。

僕は、ロングスナップとフックを収納しています。
メイホウ-MC-50
小物入れ

ロングスナップはサイズが異なるので、ケースにサイズ表記してわかりやすくしています。こういった小物類は、うまく収納しないと紛失したりしやすいので、このケースに収納しておくと中身も即座にわかって便利です。


ラインカッター

第一精工のMCラインカッターです。
MCラインカッター

ラインカッターは以前から別メーカーの物を使用していたのですが、切れ味が悪くなってきていたので新しい物を購入してみました。

ラインカッターは、色々なメーカーから販売されていて、使用感もそれほど変わらないような気がするので個人的には特にこだわりはありません。

では、なぜこのラインカッターを選んだか?
それは、Amazonで気軽に購入できることと印象的な見た目です。

丸穴が等間隔で空いているデザインで、取り付けが楽だったり使用時の滑り止めにもなっています。
ラインカッター
ラインカッター装着

切れ味も今のところ文句なしです。ナイロンラインは、スパッと切れます。それ以外は、試したことがありませんが気に入ったので、現在2本所有しています。


防水ケースAKIOKUN

最後は、メイホウの防水ケースあきおくんです。
FB-480

僕は、GoProのバッテリーを入れるために購入しました。
防水小物入れ

こんな感じで、バッテリー3個と予備のマイクロSDカードを収納しています。で、「使用済み」と表記しているゾーンには、使用済みバッテリーを入れています。

GoProで釣り動画の撮影を1日すると、バッテリーの交換が必要になるので使用前と使用済みを分けておくことですごく便利に使用できています。
しかも、防水ケースなので突然の雨でもバッテリーを守れます。以前は、ペラペラしたスマホの防水ケースに入れていたのですが、結構交換に手間取っていました。これなら、作業スペースも広めで安心です。

結構良い感じで収納されていますが、これは専用ケースではなく汎用ケースなんですよね。我ながら丁度良い物を見つけたものです。フィッシングベストの小さめのポケットにも入ったので僕的には、これ以外は考えられないといった感じのケースです。