どうも、釣り人の有馬です。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年4月16日に緊急事態宣言が全国に拡大されました。その後、毎日のように岩手県のホームページを確認するようにしていたのですが、遂に自粛要請の範囲が拡大されてしまいました。

今回の新たな要請内容を見てみましょう。
それが、「不要不急の外出の自粛」です。
やはり、出てきました。

で、不要不急に該当しない項目は、
・医療機関への通院
・食料、医薬品、生活必需品の買い出し
・必要な職場への出勤
・屋外での運動や散歩
・その他(銀行、役所など、生活の維持のために必要なもの)

これは、GW前に出るかなと予想はしていましたが、実際出てくると判断に迷いが生じました。なので、4月25日は1日中考えていました。

僕は、釣りをしたいために色々と理由付けをしていました。屋外での運動や散歩が許容されるのなら釣りもOKなのでは。3密にも該当しないし。
しかし、少し考え続けましたが、それを言い出すとかなり許容することになり、やはり自分勝手な拡大解釈は今の時代にはそぐわないなと思いました。


渓流釣りは、感覚的に僕の人生のかなりの部分を占めているわけですが、一般の方々すれば所詮は趣味そして遊びなのです。
どう考えても、一般的には不要なもの。

だからこそ、自然環境についての配慮は今まで以上に重要だなとも思いました。これが、次の時代に自分が向き合っていく事柄かもしれません。

自主的禁漁期間

ということで、渓流釣りはどう考えても不要不急に該当すると思ったので、2020年5月6日まで自主的な禁漁期間と設定しました。延長もあり得ます。僕の最悪シナリオでは、今年はもう出来ないかもしれないという不安もあります。

わざわざ宣言することでもないかもしれませんが、こうして宣言しておかないとGWの晴れた日には誘惑に負けてしまうと思いました。散歩がてら釣りをすることだって可能なのです。僕の意思は、たいしたことがないのです。

で、誰かがやっているのなら自分もOKだろうと思うのが人間です。そこから自分の都合で拡大解釈し、人が移動し始める。
YouTubeやブログを始めたことにより、勝手かもしれませんが社会的責任もあるなと思うようになってきました。この期間に渓流釣りアングラーが自由に動きまわり、風評被害により自分主体の集団と判断されることに危機感を覚えました。考えすぎかもしれませんが、シナリオはいくつか用意しておくべきだと思いました。なので、もっと緩いシナリオもありますが、ここでは書きません。

ウイルスは、人の移動を利用して拡大します。そして、弱点を見事についてくる。
そう、GWは最高に良い条件です。
普段、人がいない場所に大勢押し寄せるかもしれない。一つの可能性ではありますが、店舗などの休業により、普段は自然について無関心に近い人が、人がいないという理由で集まってしまうかもしれない。

やはり、考えていくとStay Home。
ここに辿り着きました。

もちろん、この全体自粛を続けていくと、そう遠くない未来に経済が壊れます。経済が壊れるとボトムの方から生活が崩れます。もう、影響が出ているよという方もいるでしょう。僕だって、そこに入る可能性は十分にあるわけです。そうなれば、釣り所ではないんですよね。今だって、今後くるであろう大不況に恐怖を覚えています。
だからこそ、ウイルス拡大を抑えながらの経済活動。こう書きながら矛盾だらけだよなとも思いますが、今人類は答えのない問題に向き合っているのでしょう。幸いインターネットという扱い方さえ間違えなければ有効な道具はあります。


なので、とりあえず今回のGWは自粛して、国のクラスター対策班がクラスターを認識できるようにするのが重要かなと思っています。あとは、医療現場の状態でしょうか。おそらく、この2つについて見通しが立った時、緊急事態宣言を解除できるレベルになるのかなと個人的には思っています。それが、いつできるのか、そもそも可能なのかは僕にはわかりません。わからないですが、このGWなるべく動かないで下さいというのは理解できます。想定の範囲を超えたところに、開けてはいけないドアがあるのでしょう。


ということで、普段のGWとは違いますが、家の中でも楽しんでいきたいと思います。
実は、GW前に要請が出るかもなと思い、その期間中に書くブログのために新しい釣り道具をネットで購入していました。

GW中は、なるべくブログを更新していく予定ですので、よろしくお願いします。ネタがどこまで続くかわからないので、毎日更新かは不明です。ちなみに、12連休ではありません。

とりあえずは、Stay Home。
Stay-Homeと釣り道具3
Stay-Homeと釣り道具1
Stay-Homeと釣り道具2