どうも、釣り人の有馬です。

ここ岩手県では、GW明けから不要不急の外出自粛が解除されたので、僕の自主的禁漁期間もひとまずは終了しました。

で、週末の5月9日に久々に釣行できたので書いていきたいと思います。
20200509タンポポ

川の選択

久々の釣行で、どの川に行こうか考えましたが、とりあえずは色々とリスクが少ない和賀川本流を選択しました。

区間としては、志賀来スキー場の下あたりからの数キロの範囲で、良型が釣れそうなポイントを車で移動しながらちょっとずつ狙ってみることにしました。

釣行開始

午前中は用事があったので午後からのスタートになりました。

最初のポイントに入ったのが13時あたりです。天候は曇り、最高気温は15℃を少し超えるくらいだったと思います。水量、水質的にもわりといけるかなと思っていました。

で、今回の釣行ではGW前に購入した19ストラディックを初めて使用してみました。ロッドは、スミスのインターボロンXXです。
20200509スピニングタックル
19ストラディックのロングキャスト性能を確かめたくて和賀川本流を選んだとも言えます。
ということで、久々の釣行、新規道具のお試しと楽しみながらのスタートになりました。

今回は、ブログ限定の動画を作成したので、それと合わせながら釣行シーンを書いていきたいと思います。

8分29秒の動画になります。

動画の3分31秒までが13時~14時頃の最初のポイントでの釣行シーンになります。
動画では、1ポイントだけになっていますが、入渓から400mくらいの区間を狙いました。

スタート直後からウグイかもしれませんがチェイスがあり、これは結構楽に釣れるかもなと思いましたが、それから40分程度は経過していました。

そして、動画のポイントです。
20200509岩魚ポイント
まずは、アップクロス気味にスプーンをゆっくりと流してみました。すると、1投目から結構やる気な岩魚のチェイスあり。2投目は沈黙。3投目で先ほどと同じと思われる岩魚のチェイスあり。
かなり、チェイスしてきましたが食わせることができませんでした。

で、ちょっと時間を置いた方がいいと思ったので5分ほど上流側を狙い、ルアーもD-コンに変更して今度はダウンストリームで狙ってみることにしました。

何投かして、先ほどアップクロスでチェイスがあったあたりを狙ってみました。
ルアー着水後、流れを感じながら、平凡なアクションをさせているとチェイスが見えました。なかなか食ってくれないので、最後にルアーの方向を変えてみたところヒット。
20200509岩魚
無理やり釣った感もありますが、25~27cmくらいの岩魚が釣れました。まぁ、ここは本流なので尺物が欲しかったところではあります。

結局この区間では1時間程度で岩魚1尾と寂しい結果になってしまいました。
そこで、移動。

次は、こんなポイントで魚と出会うことができました。
20200509_1尾目の山女魚ポイント
正直、ここより少し上流の堰堤を目当てにきたのですが、まったくダメだったので移動する前にとりあえず投げてみました。

で、たしか3投目ですかね、ちょうど流れと流れの間のゆったりとしたポイントにD-コンをキャスト。ドリフトさせながら、ゆっくりと流れにのせていました。するとヒット。ドラグも少しだけ鳴ったので、良型かなと思いましたが20cmない感じの山女魚がヒットしていました。

ネットに入れましたが、細かったので逃げられ写真はありません。動画では、3分32秒~4分14秒あたりです。

魚の写真が撮れなかったので、緑になってきた木々と山の写真を撮ってみました。
20200509新緑1
20200509新緑2
GW中に季節が進みましたね。
ここで時計を見てみると15時近く。あと2時間程度かなと思いました。

次のポイントは、距離的には近いですが車の移動の関係と、思ったより藪のような個所を通ったので少し時間を要してしまいました。
動画では、4分15秒~6分8秒までのシーンです。
20200509_2尾目の山女魚ポイント

こんな感じの大型落ち込みゾーンです。水深もかなりあります。
最初は、スプーンのアップストリームで狙っていましたが、あまり反応なし。

なので、ルアーをローテーションさせながら段々とダウンストリームの立ち位置に移動していきました。
すると、あたりが出始めました。動画を観るとわかりますが、ここでバラシを2発させてしまいました。
で、バラシた時と同じような釣り方でなんとか1尾ヒット。
20200509_2尾目の山女魚
規模感とは合わないサイズの山女魚が釣れました。
正直、今日の釣果はイマイチだなと思っていました。この時点で16時近くだったはずです。

そして、本日最後のポイントに移動。
こちらも深みです。夕方なので、最後に尺岩魚でも釣りたいなぁと思っていました。
で、集中したかったので、今まで胸のあたりに取り付けていたGoProを地面に置き、後ろ姿だけを撮ることにしました。
まずは、動画の6分9秒~7分11秒のシーンです。
20200509_3尾目の山女魚ポイント
動画では、1投で釣れていますが、実際は4投か5投目だったはずです。最初は、クロス気味に流していましたが最終的にはダウンで釣れました。
20200509_3尾目の山女魚
釣れたのが、23cmくらいの山女魚です。やはり、規模感のわりには、なんだかなぁといった結果です。本流なのでパーマークも薄く、魚の見た目ならやはり渓流が好みですね、僕は。

そして、そこから100mくらい上流で本日最後の山女魚を釣ることになります。
動画の7分12秒~7分59秒までのシーンです。
こちらも後ろ姿になります。
20200509_4尾目の山女魚ポイント
録画ボタンを押して、立ち位置まで移動。
スプーンをキャスト。
流れにのせて、時々食わせの間を入れるとヒット。
ランディングネットを使おうと思いましたが、あまりにも小さかったので写真だけ撮ってリリース。

動画の8分~8分29秒までは、デジカメの操作ミスで作成された動画と写真の融合です。久々の釣行で、デジカメの設定を間違えてしまいました。


釣果としては、岩魚1尾、山女魚4尾になりましたが、本流なのでもう少しサイズは欲しかったですね。でも、久々の釣行をほどよく楽しむことができたと思います。今回初めて釣行で使用した19ストラディックについては、今後どこかの時点で書いてみたいと思いますが、僕は正直メインで使用してもいいなと思っています。予備で購入しましたが、全然メインでいけそうです。

今度は渓流域で試してみたいものです。