どうも、釣り人の有馬です。

都道府県をまたぐ移動の自粛が緩和されたことにより、以前の生活が徐々に戻ってきた今日この頃なわけではありますが、僕の場合は出張が解禁されそうなので、ここだけは自粛を続けてくれないかなぁと思ったりしています。何気に同じ考えの人いるのでは。

2020シーズンは、GWに自主的禁漁期間としていたので、良い時期を逃してしまった感を今ひしひしと感じています。

本当に6月の釣果はヤバいです。ここ数年で最低でしょうね。
やはり、もっと場所を選ぶ必要があるのか、釣りに行ける日のタイミングが悪いのか、単純に僕が釣れない釣り方で挑んでいるのか。

色々と考えさせられる6月ではありますが、6月21日の午前中に釣りに行ってきたので書いていきます。

6月21日の和賀川水系

この日は、いつも通りの8時頃から釣りを開始しました。
20200621スタート
使用タックルは、ロッドがスミスのトラウティンスピンマルチユースTRMK-483UL、リールはシマノの19ストラディックC2000Sです。
20200621マルチユース&19ストラディック
今回の和賀川支流は、こんな感じです。
20200621和賀川水系3
少々カゼ気味だったので、ゆっくり釣り上がっても3時間程度で安全に終わる区間を選びました。写真の通り、新緑がまぶしいくらいでした。水量は、もう少しあると釣りやすいですが、最近はこんなものです。釣れないのも慣れっこです。

釣りを開始してから、30分程度釣り上がるとやっとチェイスが見え始めました。ただし、サイズは小さめでした。
20200621和賀川水系1
まずは、水深20cm程度の流れから。こんな小さな流れでも、その流れのヨレのあたりから小さな山女魚らしきチェイスがありました。

20200621和賀川水系2
お次は、定番の倒木下。やはり障害物の下には、魚が着いています。しかし、小さかった。

20200621和賀川水系4
こちらも障害物周辺から魚の姿あり。

20200621和賀川水系5
こちらは、写真左側の流れ込み周辺からチェイスがありました。まぁ、ルアーとの距離はありましたが。

まずは、魚の姿を確認できたポイントの紹介でした。続いてヒットシーンです。
釣り開始から約2時間後、僕はこんなポイントに立っていました。
20200621山女魚ポイント
この渓流としては、水深のあるポイントです。流れ込みから、ややカーブしているポイントで、水位が低くなっているため流れは、かなり緩やかになっていました。

1投目は、クロスストリームで狙ってみました。
まずは、対岸目掛けてキャスト。使用していたミノーはD-コンタクト。ドリフトさせつつ、一定のレンジを泳がせ、流心を通ったその瞬間にヒット。
20200621山女魚
かなり小さいですが、山女魚が釣れてくれました。


はい、ここで今回の釣果は終了です。
内容スカスカですよね。
なので、写真撮影に熱中していました。
20200621新緑
晴天でしたが、木があるお陰で日光が遮られ快適に釣りをすることができました。この渓流の好きなポイントの一つです。

20200621フキと渓流
フキと渓流。
魚は釣れなくても、こういう楽しみはあります。釣りに熱中していると、軽く通り過ぎそうなポイントではありますが、釣れない分、自然を満喫するのです。

20200621渓流と草
で、今回一番気に入っている写真がこちらです。
光る草、そして日陰の渓流。
頭上の木がいい感じの光加減を作ってくれました。光と影みたいなね。個人的には、こういうコントラスト好きですね。

はい、終了です。
こんな感じで、6月の釣果は厳しい状態なので「2020年6月の渓流ルアーフィッシング」というタイトルのYouTube動画は作成できない可能性が高いです。
しかし、風景だけを撮影した動画が結構良かったので、渓流風景メインで釣りのシーンがおまけ的な動画を作成してみようかなと少し思っています。
もし作成したら、6月の最後の方にYouTubeチャンネルで公開しますので、良かったら見てください。
よろしくお願いします。
20200621休憩中



やっぱり、このリトルプレゼンツのストラップベストは使い勝手が良いと思います。