どうも、釣り人の有馬です。

今回は、2020年7月26日の釣行記録です。4連休の最終日です。
この日は、YouTube用の動画作成を予定していましたが、前日の夜に途中まで作成し、山女魚のシーンが欲しくなったので、山女魚を釣りに出掛けました。

目標は、午前中のうちに山女魚の動画を撮るです。

実釣

開始は、8時ちょっと前でした。
20200726スタート
天候は、今にも雨が降ってきそうなどんより曇り。
20200726和賀川水系1
釣行開始時は、霧がかかって神秘的な風景になっていました。

今回は、山女魚狙いなので、以前山女魚が開始1投目で釣れたポイントからスタートしました。なるべく早く釣って帰りたいと思っていました。

しかし、残念ながらそのポイントではノーフィッシュ。チェイスも見えない感じでした。まぁ、そうそう上手くはいきません。だからこそ人生は挑戦し甲斐があるのです。
なんてね。

ただ、次のポイントで何やらチェイスが見られました。
20200726ウグイポイント
でも、なんか怪しいなと思っていました。
そう思ったので、ミノーからスピナーにルアーチェンジして調査開始しました。

すると、1投目でヒット。
20200726ウグイ
やはり、君か。

次のポイントでも、良型がヒットしてバラシましたが、おそらくウグイでしょう。
結局、この川の500mくらいの区間を狙いましたが山女魚を釣り上げることは出来ませんでした。しかも、途中から雨が降ってきました。
20200726曇り空

手軽に山女魚を釣るならここかなと思っていたので、正直焦り始めていました。
この時、9時30分頃だったと思います。

今回は、山女魚だけを狙っているので、結構迷いました。
支流に入って1kmくらい歩けば釣れるだろうと思いましたが、岩魚が釣れてしまう可能性があります。普段なら岩魚でOKなのですが、本日ばかりは山女魚オンリーなのです。


迷った末に、今シーズンまだ歩いていなかった区間を選択しました。
20200726場所移動
開始したのが、10時ちょっと前です。
最初のポイントから何者かに手や顔を刺され、痒みを我慢しながらの釣行になりました。
刺された後に、ハッカ油をシュッとしました。
時すでに遅しですが、これ以上刺されると我慢ならないと思いました。

そして、開始から約15分後、遂にその瞬間が訪れました。
20200726山女魚ポイント
こんなポイントです。
小さいですが、流れ込みからの深みです。

写真の奥が上流側で、丁度この立ち位置で狙い始めました。

1投目、最初から深みにキャスト。
使用ルアーは、D-コンタクトのチャートカラー。

着水後、少しだけ沈めて、わりと早めのリーリング。ルアーが浮き上がって水面から飛び出さないような、ギリギリのリーリングスピードを心掛けていました。
そして、2m程度進めて喰わせのタイミングを入れました。

次の瞬間。
スピード変化したルアーに魚がアタックしてくるのが見えました。
ロッドからブルブルと力が伝わってきたので、合わせ。
20200726山女魚
なんとか目標の山女魚を釣り上げることができました。動画も撮ることができました。

ミッション終了です。

とは言え、人間欲深いもの。
まだ午前が終わるまで、1時間くらいは釣り上がれそうです。

で、釣りを再開。
4連休最終日なので、魚の方は散々ルアーを見て、飽きているかなと思っていましたが、結構無邪気にチェイスしてくるので楽しめました。

そして、こんなポイント。
20200726バラシポイント
チャラ瀬ですが、ちょっとした流れのヨレで魚がヒットしました。しかし、バラシ。まぁ、相手は小さかったので仕方ないですね。


という感じで、11時ちょっと過ぎまで釣り上がりました。結果は、最初に釣った1尾のみでしたが、予想していたより楽しむことができました。

とにかくミッションクリアできたので満足です。
20200726紫陽花と蜂



釣り雑誌の「鱒の森」も読むことができる電子書籍サービス、kindle unlimitedおすすめです。