どうも、釣り人の有馬です。

今回の釣行は、9月の山女魚釣りのための調査を目的としていました。
数年前の釣行では、9月にそれなりに良い思いをした小渓流ですが、今年の感じはどうなのか。
和賀川水系1_20200823

実釣

2020年8月23日、天気予報では暑くなりそうだったので今年2度目のウェットウェーディングで釣行してみました。
ウェットウェーディング_20200823
今年からリアスのウェットゲーターを使用しているのですが、ずれ落ちてこないので快適に使用できています。


釣りを開始したのが7時半頃。
釣行開始20200823

開始15分程度で、魚の反応あり。しかし、合わせミスでした。どうやら相手は小物のようです。

そこから約15分後。こんなポイントを狙おうとしていました。
岩魚が釣れたポイント_20200823
奥が上流側です。左岸側に魚が隠れているだろうと思いました。
なので、1投目から左岸側の近くを通るコースを狙いました。
使用ルアーは、イトウクラフトの蝦夷50S。

ルアー着水後は、軽めのトゥイッチで誘いをかけていました。
ルアー回収まで、あと3mほどというところで左岸の影から魚が飛び出してきました。
そして、そのままヒット。
岩魚_20200823
小さい岩魚が釣れました。

今回の釣果はこれで終了です。
他には、やたらと落ち葉が釣れました。
落ち葉が釣れた_20200823

頭上を見上げると緑の中に赤や黄色を発見。
徐々に紅葉_20200823
まだ暑い日が続いていますが、季節は確実に進んでいます。

釣果は振るいませんでしたが、小型の山女魚は結構いました。
水中の山女魚1_20200823
水中の山女魚2_20200823
山女魚の模様も少しずつ色づき始めています。



今回の小渓流は、魚自体はいるのですが、小物が多い感じでした。なので、9月にこの小渓流を狙うかは微妙なところですね。増水で他の渓流で釣りが出来そうにない時は、来るかもしれませんが。

そんな渓流でしたが、帰りの林道ではいろいろな植物を眺めることができました。
林道の植物2_20200823
林道の植物_20200823

そして、季節を感じるこれも。
林道の栗_20200823

おまけに、写真は撮りませんでしたが、結構新しめの熊のフンもありました。今年は、まだ熊に遭遇していないので、このまま遭遇せずにシーズン終了を迎えたいものです。
和賀川水系2_20200823

熊との遭遇防止のため、熊鈴はいかがでしょうか。