どうも、釣り人の有馬です。

6月下旬に熊に会ったのと、暑さから最近は、簡単に入渓できる河川ばかり入っています。
今回は、7月15、16日合わせて4時間程度の釣行記録です。

2日とも9時頃スタートし、11時頃終了するという、かなり軽めの釣行ではありますが、山女魚メインの楽しい釣行となりました。

7月15日ポイント1

入渓点から100mくらい上流に進んだ瀬で1尾目が釣れました。
こんなポイントです。
180715_ポイント1

増水傾向で、流れが速かったですが、その中でもなるべく緩くなっている流れを探し狙っていました。
アップストリームで2投目か3投目で、ヒットしなかなか良型の山女魚が釣れてくれました。
180715_山女魚1

流れの中をアップストリームで釣る山女魚は、やはり楽しいものです。水温は、16℃程度と魚の活性もかなりいい感じです。

この日は、3尾くらい釣れたら、まあまあかなと思っていましたが、スタートから10分程度で1尾目が出てくれ良いスタートがきれました。

7月15日ポイント2

2尾目は、1尾目のポイントから30mくらい上流のポイントでした。
180715_ポイント2

釣れたのは、奥の方の岩があるあたりです。
キャストし、緩めの流れを流れと同じくらいの速度で、D-コンタクトをチョンチョンして岩魚がヒットしました。

こういったポイントは、ルアーがどうとかアクションがどうとかより、狙ったポイントにキャストを入れることが重要だと思っています。

今回も、狙ったポイントにキャストできたことで、出た1尾だと思います。
180715_岩魚

7月15日ポイント3

3尾目は、2尾目のポイントから400mくらい上流で釣れました。
比較的緩い流れの瀬です。
180715_ポイント3

対岸の草が生い茂っているあたりを狙いキャストしていました。

ややクロス気味のアップストリームで、D-コンタクトにアクションをかけながら流してきて、立ち位置ぐらいまできたのでルアーを反転させ最終的にダウンストリームになったところで山女魚が掛かってくれました。
180715_山女魚2

結構こういうことありますよね。
アップの時に追ってきて、反転後ヒットする。本当は、アップストリームの時に釣れてくれると更にうれしいですが、これが実力なのでしょう。

7月15日ポイント4

4尾目は、この日一番の深場です。一番深い所で、2m以上あるかもしれません。
180715_ポイント4

深さがあるため、ミノーからスプーンにルアーチェンジしました。
上流側にキャストし、スプーンをカウントダウン。
で、流れの中でたまに踊らせる感じで引いてきて、反転後、わざと2秒くらいリーリングを止めてみました。
すると、山女魚がヒット。
180715_山女魚3

なかなかラッキーなヒットでした。

7月15日ポイント5

5尾目は、メインの流れの横の流れで、渇水だとなくなってしまうようなポイントです。
今回は、増水傾向だったので、かなりいい感じの流れになっていました。
180715_ポイント5

最初は、アップストリームで4投くらいしてみました。
2投目あたりで、少し当たった感じがあり、最終的にはダウンストリームで狙ってみることにしました。

上流側へ移動し、ダウンで狙ってみると読み通りすぐに山女魚が出てくれました。
流心あたりから出てきた山女魚なので、引きも強く楽しめました。
180715_山女魚4

この日は、これより上流は、増水で渡るのが大変そうだったので、開始から2時間程度でしたが帰宅することにしました。

7月16日ポイント1

この日は、前日の河川のほぼ続きから入渓しました。
前日の釣行で、この区間は今日も出そうだと思ったので、前日の続きをしてみました。

入渓し、10mくらい下流側が深みになっていて良さそうだったので、ダウンでとりあえずキャストしてみました。
180716_ポイント1

D-コンタクトをゆっくり目にトゥイッチしていると、ゴツンと感触があったので合わせました。
次の瞬間動きが止まったので、なんだ根掛りかと思いました。
なので、外すようなモーションに移ったのですが、急に強い引きに変わりました。
180716_山女魚1

少し慌ててしまいましたが、なんとかばらすことなくネットインできました。
25cmの幅広でかっこいい山女魚でした。

1投目からいい山女魚が掛かってくれて、正直今日は、これで満足していましたが、せっかく来たので続けてみました。

7月16日ポイント1で2尾目

2尾目は、1尾目が1投で釣れたので、まだ釣れるだろうと考え同じポイントで少し粘ってみました。

さっきは、流心あたりにキャストしましたが、今回は流心の横の木がある個所を狙ってみました。たぶん木の下に隠れて、出てくる魚が釣れやすいと考えていました。

2投目あたりで、魚のチェイスが見えたので、もう1投し、さっきより少しスピードの変化を付けて引いてくる途中で、見事に岩魚がヒットしました。
180716_岩魚

開始10分程度で2尾と、この時点でかなり満足していました。

それから釣れない時間

開始早々結果が出たので、今日はすごく釣果が期待できるなと思ったのですが、その後1時間くらいは釣り上げることができませんでした。

要所要所で、当たりが出てくれるのですが、合わせがうまくいかず3尾ほどバラシてしまいました。
やはり、まだまだ修行が足りないようです。

魚は、確実にいるのです。

最後の1尾

釣れなくなって1時間30分くらい。
この日、ここでやめようと思っていたポイントも見えてきていました。

出だしが良かっただけに、もう1尾は絶対釣りたいと思っていました。

で、それなりに流れがある瀬をアップストリームで狙っていると、やっと山女魚が出てくれました。
180716_山女魚2

ヒットする瞬間も見えていたので、楽しかったですね。
まぁ、サイズ的には微妙ではありますが。
そして、ポイントの写真を撮り忘れていました。だいぶ集中していたのでしょう。


後半はあまり出ませんでしたが、2日で4時間。距離にして1km~2kmの区間で、良型の山女魚も出てくれたので十分に満足です。

そして、熊にも会わず、安全に釣りができたことが何よりも良かったです。
今回から、熊鈴だけではなく、ホイッスルも釣っている途中に吹いていました。

なんとか、無事にシーズン終了まで過ごしたいものです。