どうも、釣り人の有馬です。

シルバーウィークということで、釣りに出かけた方も多いかと思います。尺山女魚を釣った方もいるでしょう。秋色の綺麗な山女魚を釣った方もいるでしょう。

僕はと言えば、タイトル通り結果を出すことができませんでした。
あまりにも取れ高が少ないため、ボツにしようかと思いましたが、この休日に同じように結果を出せなかった釣り人の気休めになればと思い、記事にしてみることにしました。

2020年9月19日

この日は、シルバーウィーク初日ということで、僕は実家までの移動があったので午後からの釣行になりました。

シルバーウィーク初日ということで、午後からの釣行だと釣り人だらけかなと思いましたが、向かった先の渓流は入渓することができました。
まずは、ラッキーです。ただ、午前中には釣り人が入っているだろうという予想は簡単につきました。

なので、そこまで期待せずに釣り開始。

すると、約5分後。
ヤマメ_20200919
小さいですが、山女魚が釣れました。
釣れたのは、こんなポイントです。
ヤマメが釣れたポイント_20200919
深いポイントです。底には岩があるため、その周辺を探っていると2投目くらいでヒットしました。
この時点では、もしかしたら奇跡的に先行者は居ないのかと思いました。

しかし、9月の渓流。
そう甘くはありませんでした。

開始から20分程度、釣り上がったポイントで釣りを終えて戻ってくる釣り人が見えました。
最終ポイントまでは1時間程度でたどり着けるため、あの釣り人は1時間ほど前にここを通ったのだと思いました。

釣り場を変えるべきか?
どうせ、どこに行っても釣り人がいるからこのまま続けるべきか?

少し悩みましたが、僕はこのまま釣り上がることにしました。

その結果。
釣り人が通ったわりには、チェイスがありましたが途中でウグイを釣ったくらいで最終ポイントに到着してしまいました。

ここまでほぼイトウクラフトの蝦夷50Sを使用していましたが、最終ポイントは堰堤なのでルアーチェンジしながら攻めていました。
ルアーワレット_20200919
そして、D-コンタクトに交換してドリフトコントロール的な釣りにしてみると久々のヒット。
岩魚_20200919
最後は、小さな岩魚で終了しました。
ちなみに、これでシルバーウィークの釣果は終わりです。
タイトル通り散々だったのです。

2020年9月20日

僕の中では、この日が本番でした。

朝、家を出て目的の渓流に向かいました。先行者がいないことを祈って。
坂道を下り、カーブを曲がれば駐車ポイントがあります。

僕は、祈りながら坂道を下っていました。
カーブを曲がり、チラッと。

あっ、車だ。

間違いなく釣り人でしょう。
あっけなく僕の予定が崩れました。
まぁ、9月、しかもシルバーウイークなので、思い通りにいかないのは予想していましたが、なかなかにショックでした。

仕方ないので、そこから近場の下流へ移動しました。
ここの区間は、渓相は好きな感じですが、魚の姿をあまり見たことがないポイントなので期待と不安で言えば、不安の方が大きかったのが本音です。

しかし、9月。
思った場所で、釣りができるだけマシだと開き直っていました。
岩手の渓流_20200920
渓流は綺麗でした。
しかし、一度小さなチェイスが見えただけ。

さらに、下流に移動してみました。
渓流_20200920
以前、良型をかけたことがあるポイントなので期待しましたが、不発に終わりました。
もう本当に、何をやってもダメって感じでしたね。
前日の夜に、雨が降っていたので、その影響もあるかもしれません。

ただ、やはりこれが僕の限界なのでしょうね。
色々考えながら、河原でコーヒータイムをしていました。
モンカフェ_20200920
色々考えながら、へこんでいたわけですが今年出会ったこのモンカフェが僕を癒してくれました。
そして、午前中で釣りを終了。
完全にボウズでした。

2020年9月21日

この日は、午後から釣行開始しました。
僕は、朝が遅い釣り人なので、あえて午後からスタートにしました。
とりあえず、朝一の釣り人には敵わないと思ったわけです。

向かった先は、今年1回しか行けてなかった小渓流です。
西和賀町の渓流_20200921
釣り上がった先に釣り人がいるとテンションが下がるので、今回は狙う区間の最上流まで車で偵察してから入渓しました。

釣り上がっている途中で、釣り人が入ってくるリスクもあったので、車で下流に移動しながら1kmくらいの区間に区切って釣り上がっていました。

渓相には、結構癒されていたのですが結果がでません。
植物_20200921
途中には、なにやら食べられそうな植物。
そして、綺麗だなと思って撮った花。
渓流のトリカブト_20200921
もしかしてと、あとで調べてみるとおそらくトリカブトだということが分かりました。
やはり、毒のあるものには、独特の綺麗さがあります。

結局釣果は、ウグイ2尾のみ。
ボウズです。

2020年9月22日

少しだけ、早起きして向かった先は、9月20日に先行者が居たポイントです。
ヘタすれば今回が、2020シーズンの最終日になるかもなと思い、好きな渓流に向かったわけです。

坂道を下り、カーブを曲がりかけた時、先行者が居ないことがわかりました。
とりあえずは良かった。
釣行開始です。

最初のポイントからチェイスが見えたので、今日は良い思いができるかなと期待しました。

しかし、期待の後に味わったのは、とにかく厳しいという苦痛でした。
西和賀町の渓流_20200922
綺麗な渓流からルアーを追う魚は、ほとんど見えませんでした。
まさに敗北。

バラシすらなく、ただただキャストしてはコースを定めて巻いてくるの繰り返しでした。

「ディス イズ 9月」

僕は、何年か前からYouTube動画でも書いていたこの言葉を思い出していました。
本当に何をやってもダメ。
思いは空回り。自分のキャスト精度にイライラして、さらに精度を落とす。トゥイッチを入れても、流れと噛み合わず。最後には、ライン処理の甘さからステラでさえもライントラブル。
まさに僕の気持ちは、下り坂でした。
渓流タックル_20200921
道具を最高に揃えるとは、こういうことです。
すべての失敗は、自分の力不足。

この9月で、十分に味わいました。


台風の影響で、最後の週末どうなるかは微妙なところではありますが、釣りが出来るのならば自分の最大限の力を出し切りたいと思います。

ルアーフィッシングは、運の要素も多分に含んだものだと思いますが、先行者がいたとしても何とか最後笑っていたいなと思ったシルバーウィークでした。


それでは、最後に「ディス イズ 9月」だった動画を。


あぁ、綺麗な山女魚を釣り上げたい。

そういえば、久しぶりにGoProで釣りシーンを撮影してから釣果が出ない。
ちょっと、欲を出したからか?