どうも、釣り人の有馬です。

ルアーのカラーって、どうやって選んでいますか?
アピール重視、自然色重視、人気カラーだからなど釣り人によって様々だとは思います。
ただ、今回は僕の思い入れのあるカラーについて書いていきたいと思います。

ちなみに今回は、イトウクラフトのエミシ50Sのみの話です。

カラーYMO

僕の釣りは、ほぼチャート系のルアーで構成されています。
こんな感じで、先日も魚のそばには常にチャート系。
イワナ_20210411
なんたって釣行時間の8割くらいは、チャート系のカラーを使用していますからね。そりゃ、割合的に魚の写真にはチャート系ルアーが写りこんできます。

しかし、今回思い入れのあるカラーとして紹介するのがYMOというカラーです。
エミシ50S_202103_2
エミシ50S_202103_1
お腹はオレンジで派手めですが、背中のカラーは濃い緑系の色です。
ちなみに、エミシ50Sは現在14色のカラーバリエーションがあり、CTというチャートカラーも存在します。

いつもの僕なら迷わずチャートカラーを購入するところですが、このYMOは非常に気に入っております。

気に入っているので使用頻度も高く、2020年8月頃に購入したルアーが、現在こんな感じになっています。
エミシ50S_202103_4
新品と比べると、その差が歴然。
エミシ50S_202103_5
2020年9月は、結構な割合で使用していました。


で、なぜこのカラーに思い入れがあるかというと、単純に使い始めた時に尺ヤマメを釣り上げることができたからです。
尺山女魚_蝦夷50S_20200906

正直、購入するときも、お腹はオレンジカラーがいいなと思ってはいましたが、購入時期に結構売り切れのカラーがあり、このYMOが在庫であったから選んだというのが本音です。

しかし、使用してみると、トゥイッチのたびにギラギラと光るため、ルアーがどこを泳いでいるか良くわかりました。

僕の場合は、ルアーがどこを泳いでいるか見えていることが重要なので、チャート系カラーを多用しています。
なので、言ってしまえば見えやすければ、カラーは何でもいいというのがあります。


結局は、在庫であった→尺ヤマメが釣れた→結構見える→釣れる予感アップ、こんな感じでエミシ50Sを購入するときは、YMOばかり選択しています。
現在は、このカラーを4つ所有していて、うち2つは箱に入ったままです。釣行で失くしたり、破損してしまったら、また補充するでしょうね。

僕の中では、最高のカラーです。

Amazonで購入はこちら。


ナチュラムで購入はこちら。