どうも、釣り人の有馬です。

3月19日に2021年初釣行をしたわけですが、翌日も天気が良かったので釣行することができました。数日前の天気予報では、雨マークだったので3月19日に有給休暇を取得していたのですが、翌日も晴れたのはラッキーでした。

午前中は写真撮影メインで

前日は、風景的にあまり魅力がない川での釣行だったので、風景目当てで午前中は、とある小渓流に行ってみました。
風景目当てとは言え、やはり魚に出会いたいところではありましたが。

釣行開始が10時20分頃。
午前開始_20210320
朝は寒かったので、少し暖かくなるのを待ちました。

今回は、前日より積雪が多い場所での釣行でした。
西和賀町の積雪_20210320
これは、道路脇の写真です。道路脇に1m以上積雪がありました。これが、豪雪地帯である岩手県西和賀町(にしわがまち)の実力です。これより積もっている場所は、平地でもまだまだあります。車を運転していてカーブに来ると、先が見えないため結構怖いです。

ということで、今回の小渓流は、雪を撮るには良いコンディションでした。
渓流の雪2_20210320
渓流の雪1_20210320
そして、一番狙っていたのがこれです。
渓流のツララ_20210320
ツララ越しの渓流。これを撮りたかったんですよ。

ついでに、これ。
釣り人の足跡_20210320
釣り人は、もう数人入ったようです。

さてと、そろそろ魚のことを書いていきますか。
まずは、こんなポイントにて。
魚がいたポイント1_20210320
白泡の横あたりをねちっこく攻めていると、やっとのことで小さなチェイス。
しかし、小さい。

そして、それから約10分後。こんなポイントにて。
魚がいたポイント2_20210320
ただ流されるようなミノーのアップストリームに小さなヤマメが反応。
しかし、こちらも小さすぎる。

この小渓流はもともと、魚が定位できるようなポイントが少ない印象ですが、今年は更にポイントが減った感じでした。
ただ、今回は水位が低かったので、もう少し水位が上がった時に試してみたいですね。

という感じで、小さなチェイスを2回見ただけで、最終ポイントまでたどり着いてしまいました。
そして、最終ポイントでもさっぱり。

お昼も近かったので、きっぱり諦めました。
テレスコロッド_20210320
ちなみに、今回もベイトタックルで釣行していました。テレスコタイプなので、帰りは短くしてみました。
やはり短くするだけでも、結構歩くのが楽になります。木の枝とかが気にならなくなる感じですね。

午後は魚を狙って

この日の予定は、午前中に1尾でも釣れたら、午後はブログを書く時間にしようかと思っていました。しかし、散々な結果。
さすがに、悔しくなってきていたので、午後はスピニングタックルを持って別のポイントに向かいました。
午後開始_20210320
13時25分くらいから午後の部スタート。
渓流スピニングタックル_20210320
午後は、スピニングタックルで絶対に1尾は釣るぞと気合を入れていました。

午前中は、渓相がわりと綺麗な区間でしたが、午後は護岸があり風景的には魅力が少ない区間を選択しました。
選択した理由は、積雪が少なく、水量も安定していて、日当たり良好なので魚も反応しやすいかもと考えたからです。

規模的にも、午前中の倍の川幅はある感じなのでスピニングタックルで楽しめると思っていました。


そして、1投目。オーバーヘッドキャストで。
気持ちよく飛んでくれました。スピニングタックルでの久々のキャストでしたが、1投目からしっくりきました。
やっぱり、自分はスピニングタックル派なんだなと実感しました。
今シーズンも、メインはスピニングタックルでしょうね。確信しました。

で、釣果についてですが、こんなポイントにて。
ヤマメが釣れたポイント_20210320
ポイントの写真を撮り忘れていたので、帰りに高い場所から撮影しました。
最初は、手前の白泡周辺を狙っていましたが、チェイスらしきものを確認することはできませんでした。

続いて、中央周辺。こちらは、3投程度で反応がなかったので、さらに移動しました。
最後は、奥の白泡周辺を狙っていました。
5投くらいしても反応がなかったで、移動せずにキャスト方向を中央側に移しました。

そして、このポイントに立ってからおそらく7投ほどで遂にミノーを追う魚影を確認。ここで、少し喰わせの間を入れました。
すると、ヒット。
Dコンでヤマメ_20210320
初釣果は、スレ掛りでしたが、やっとまともに釣れました。
せっかくなので、ルアーを外した後も。
初春のヤマメ_20210320
20cmあるかないかのサイズでしたが、綺麗なヤマメでした。

この時、14時頃だったので、1尾釣れましたがもう少し粘ってみることにしました。
ヤマメが釣れたことでテンションが上がっていましたが、とあることで僕のテンションは下降していきました。

その理由が、ウェーダーの水漏れです。
水温が低いので、川の流れを受ける瞬間に靴下まで冷たい水が染みてきました。
左足の方が水漏れしていたので、そちらはあまり水に浸からないように右足で踏ん張って釣りを続けていたのですが、だんだんと我慢できなくなり15時あたりに終了しました。

最初は、テンションが下がっていましたが、歩いているうちに濡れた靴下の温度も上がってきたので、少し余裕が出てきました。
そして、春の気配を発見。
ネコヤナギ_20210320
ネコヤナギです。
確実に長い冬が弱まってきました。ここから、釣果を上げていきたいところです。

休日に天候が良いことを祈りつつ。
そして、次回までにはウェーダーを補修したいと思っています。


岩手県西和賀町で製造されている、もっちりとしたヨーグルトです。おいしいですよ。