どうも、釣り人の有馬です。

今回は、2021年9月24日の和賀川水系釣行記録です。
僕の2021釣行は、この日と26日(日曜日)で終了予定でした。で、最終日はとにかく釣りに集中して釣れなくても楽しみたいと思っていたので、普段の釣行では装着しているGoProでの撮影最終日と考えていました。
GoPro-hero8その1

釣行

この日は、朝方雨が降っていて天気予報でも徐々に晴れてくるという感じだったので、9時頃から釣行開始しました。

シルバーウィーク中ですが、一般的には平日のため釣り人はそんなにいないだろうと予想していました。

向かった先は、今月すでに釣行した渓流です。
渇水傾向もあり、まともにルアーで釣りができる渓流はほとんど行ったつもりなので、どうしても今月2度目という場所がでてきてしまいます。
和賀川水系その1_20210924


釣行開始時から厳しい釣りになるだろうと予想していましたが、やはり予想通りでした。
キャストに気付き逃げていく魚、チェイスはするものの喰いつこうとしない魚。

連日、釣り人が入っているはずなので、魚も警戒心が強い状態です。
想定しないところに魚がいる場合もあったので、9月以外は投げないようなポイントも探っていました。
なので、それなりに釣り上がるのも時間がかかります。

そんな中、釣行開始から1時間半程度釣り上がったこんなポイントにて。
ヤマメポイント_20210924
全体的に水深が浅いポイントですが、流れのヨレが発生しているポイントもあったため、浅瀬から飛び出さないようにスプーンをコントロールしていました。

すると、何やら小さいあたりあり。
12cm程度のヤマメでした。あまりに小さかったので、写真は撮らずに即リリース。

やっと出たものの、かなりの小物。厳しいなと思いました。

そこから、25分程度釣り上がったこんなポイントでは、あたりがあったものの合わせミスでポロリ。
合わせミスしたポイント_20210924
おそらく15~20cmのヤマメです。
どちらにしても小さいです。

そして、12時頃まで最終地点まで釣り上がりましたが、結果は小ヤマメ1尾のみ。ただ、あまりにも小ヤマメだったため、実質はボウズといったところでしょうか。

最近は、厳しい釣りが続いていたので尺ヤマメよりもまずは、サイズ関係なく秋色ヤマメを釣り上げたいと思っていましたが、まったく結果を伴わない状況です。

それでも、徐々に色付く紅葉に目を奪われ、渓流釣りの醍醐味を味わったりはしていました。
和賀川水系その2_20210924

車まで戻ると12時半過ぎになっていたので、渓流を眺めながらランチにしました。
アウトドアでモンカフェ_20210924
最近の定番は、食後にスマホで音楽を流しながらのコーヒーです。
音楽で気分も上がるし、自然界の動物には僕の存在をアピールすることができるので一石二鳥かなと最近思っていました。


この休憩で体力もそこそこ回復していたので、あと2時間程度釣りをすることにしました。
向かった先は、8月下旬に釣行して少し反応があったポイントです。

その時は、良型の姿も見えたのでそのポイントに期待していました。
釣行開始が、13時半あたりだったと思います。

期待していたポイントは、入渓点から近いため5分程度で着きます。
流れ込みからの少し深くなったポイントで、コンクリートブロックが置かれています。コンクリートブロックがあるため、その少し深くなったポイントは二手に分かれたポイントになっています。

まずは、9月なので流心から離れたポイントへ念のための2投。
反応なし。

ここで、流心に近い側へ1投。
スプーンを少し沈めてリーリング。
すると、良型の姿を確認。

ゆっくりとルアーを確認するように追っていました。
チェイスというよりは、とりあえず確認のため近付いてみるといった動きでした。

そして、それ以後はまったく姿を現すことはありませんでした。
ガン無視です。
この素っ気なさ、きっとヤマメのはずです。

そこからは、あまり期待せずに釣り上がっていました。
和賀川水系その3_20210924
最後のポイントは、こんなポイントでした。
イワナポイント_20210924
倒木があったため、一度釣り上がり最後にダウンストリームだなと思い、残しておいたポイントです。

倒木周辺に魚が隠れているはずなので、なんとか出てきてくれないかなと思っていました。
まず1投目は、手前から。
そこでは特に反応なし。

2投目で奥を狙うことにしました。
キャスト後、ミノーが流れで飛び出さないように軽くトゥイッチをかけているとゴンと何かあたりあり。

最初は、地球か沈んでいる枝でも釣ったかなと思っていましたが、次の瞬間にブルブルとした感触。流れの中なので、結構強い引きに感じました。少し期待していました。

しかし、近付くにつれて、それほどでもないサイズ感。そして、この模様。
イワナ_20210924
イワナ君でした。
まぁ、釣れないより全然オッケーなのですが、やはり本命は秋ヤマメ。
イワナには悪いですが、今釣り上げたいのはヤマメなんだよなと。

ちなみに、このシーンは先日のYouTube動画にも収録しました。

6分28秒あたりからのシーンです。
GoPro持ち込み最終日、なんとか撮れ高は確保したわけです。
まぁ、動画でも「イワナかぁ」と声に出してしまいましたが。



この記事を公開する頃には、僕の2021渓流シーズンは終了しているはずです。
最終日も厳しい釣りになることは分かっていますが、とにかくシンプルに釣りを楽しみたいと思っています。

このイワナが今年最後の釣果になるかもなと思いこの記事を書いていました。
釣行後のワイン_20210924
夕方、ワインを飲みながら。



エノテカのワインは、低価格帯もあり外れが少ないのでおすすめです。