どうも、釣り人の有馬です。

禁漁期間になると今まで定期的に書いていた釣行記録も書けなくなるため、結構ネタに困ってしまいます。
なので、10月の記事はどうしてもそのシーズンの振り返りになります。

今回は、今年作成した動画の振り返りです。
久々に確認していたら、釣りがしたくなってきてしまいました。

先日は、無事シーズンを終えたことでホッとしていたのですが、すぐに渓流で釣りがしたいと思ってしまいます。
一種の病気みたいなもんですね。

とりあえず、禁漁後に渓流の写真を撮ったので貼り付けておきます。
20211009和賀川水系
紅葉写真を撮ろうと思っていましたが、10月9日時点ではまだ始まったばかりといった感じでした。

2021シーズンYouTube動画

さて、本題です。
今年作成した動画は全部で6本。

1ヶ月に1本のペースで作成すれば3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月の7本になりますが、夏あたりで釣果がガタ落ちだったため7月、8月は1本に詰め込んでいます。

まぁ、2ヶ月分でもスカスカだったのが本音ですが。
結果は結果なのでね。


とりあえず、動画を貼り付けていきますか。
まずは、スタートの3月。

3月は、積雪の中でのスタートでした。
渓流の雪1_20210320

この動画の見どころは、実はタイミング良く出会った野ウサギです。
野ウサギ_20210327
熊鈴を鳴らしながら歩いていたわけですが、野ウサギは聞こえていなかったのか、聞こえても無視していたのか不明ですが、3月一番感動したのはこの野ウサギとの出会いでした。

あとは、3月下旬のミズバショウも綺麗でした。
ミズバショウ1_20210327

こういう瞬間に渓流釣りが趣味で良かったなと思います。
最近では、釣果と同じくらい植物だったりグッドな景色だったりを探し求めていました。


続いて、4月。

4月上旬は、積雪の中での釣行が多かったですが、4月下旬には日陰など以外はほとんど雪が溶け、釣果も上がってきていました。

そんな中でも、新規区間でカタクリを見つけた時は、魚とのやり取りをするくらいにテンションが上がっていました。
カタクリ群生_20210424
季節の植物を見ながら季節の進みを感じる、最高じゃないですか。

釣りのブログで魚が登場しないのもアレなので、4月に釣れた綺麗なイワナを。
イワナ2_20210425
サイズはそんなにないですが、写真で写っているより黒くて綺麗でした。


続いて、5月です。

今シーズンの最盛期でした。
この時点では、この後のシーズンでもテンポ良く釣果を増やしていけるのだろうと思っていました。

今思えば大きな間違いでしたが。

とは言え、5月ということで桜や初期の新緑も綺麗でした。
渓流の桜_20210516
和賀川水系_20210515
この月に釣った魚で一番綺麗だと思ったのがこちらです。
イワナ7_20210504
少しこの辺では珍しい遺伝子が入ったと思われるイワナでした。


そして、6月。

動画中では、コンスタントに釣っているように見えますが、この動画は6月とは言えほぼ6月5日の釣行シーンが主な釣果内容になっています。

6月中旬以降は、ボウズだったり、釣れても小物だったりと散々でした。

そんな中でも景色は緑が濃くなり綺麗でした。
新緑、渓流_20210605
新緑の和賀川水系_20210606
6月中旬の藤の花も綺麗でした。
藤の花_20210612


続いて、釣果に苦しんだ7月、8月。

もうね、ただただ必死でした。
自分の実力では、もう釣れないんじゃないかと弱気になっていました。

そんな中でも、7月に綺麗に咲いていたアジサイ。
渓流のアジサイ_20210711

釣りの妨げとなっていた働き者の蜘蛛。
渓流の蜘蛛_20210723

そして、8月になんとか釣れたヤマメ。
ヤマメ_20210815


そして、最終月の9月。

例年通り秋ヤマメを狙っていましたが、本当に今年はダメダメでした。
イワナはそれなりに釣れていましたがね。やっぱり本命釣らないとね。

ということで、場所によっては少しずつ始まっていた紅葉を。
渓流と紅葉_20210912

紅葉_20210913

2021渓流シーズン最終日は、こんな風景でした。
和賀川水系その5_20210926

そして、最終日に初めて試したリール。
渓流スピニングタックル_20210926


全体的に釣果は少な目でしたが、随所で見られる植物や風景には相当に癒されました。来シーズンも釣果以外に目を向けながら楽しんでいきたいと思います。



釣行時はGoPro HERO8を使用していました。