どうも、釣り人の有馬です。

2021渓流シーズンは、6月中旬以降の釣果が寂しいものになってしまったので、シーズン通してあまり釣れなかったイメージがありました。

ブログを書くようになってから、釣行では魚の写真を撮って保存していたので、そのシーズンの釣果を集計することができるようになりました。

ということで、今回は2021渓流シーズンの釣果集計です。

イワナの釣果

まずは、イワナから。
尺イワナ_20210911
集計したところ、2021シーズンは計50尾という結果でした。
3月が0尾、4月が10尾、5月が22尾、6月が5尾、7月が1尾、8月が4尾、9月が8尾という感じでした。

5月は、1日で10尾とかあったので数が伸びましたね。
しかも、初釣行区間でした。
前回も書いていますが、今年は初釣行区間を試さなかったら、もっと酷い結果になったと思います。

また、7月は1尾という結果でしたが、釣行回数も3回と少なかったので致し方ないかなと。

ヤマメの釣果

続いてヤマメの釣果です。
ヤマメ4_20210905
集計結果は、計29尾でした。
感覚的には、もっと少ないと思っていましたが30尾近く釣れていたようです。

月別にすると、3月が4尾、4月が0尾、5月が1尾、6月が11尾、7月が1尾、8月が6尾、9月が6尾でした。
4月は、イワナの区間で釣りをすることが多かったのでヤマメは0でした。
とはいえ、0とは悲しい結果です。

そして、目標だった秋色尺ヤマメにも出会えず。
計29尾の8割は、20cm以下のヤマメだったはずです。
本当に今年はダメでした。

どうも近年魚を釣るのが難しくなっているように感じています。
釣り方をもっと工夫しないと、どんどん悪い結果になりそうです。


ということで、2021渓流シーズンは、イワナ、ヤマメ合わせても79尾という結果でした。
念のため、2020渓流シーズンも集計してみましたが、ヤマメ54尾、イワナ31尾で計85尾ということでそこまで違いはありませんでした。

たぶん2020シーズンは尺ヤマメが2尾釣れたので、釣った感が大きかったのだろうと思います。
にしても、最近釣れてないですね。

まぁ、僕の休日と雨の降るタイミングが悪かったといえば悪かったかもしれませんが、来シーズンは渇水でも釣果を出していきたいと思っています。

まずは、道具の整理でもしますかね。
渓流スピニングタックル_20210731
渓流ベイトタックル_20210723
使用ミノー_20210515


音楽でも聴きながら、ゆっくりと道具と向き合う予定です。


いつの間にかHD音源なんかも聴けるようになっていました。素晴らしいです。