どうも、釣り人の有馬です。

新緑が進み、緑が増えたわけですが、その中に僕にとってのアレルギー植物が存在するようです。
数年前から、スギ花粉というよりは、この時期から鼻がムズムズ、たまにくしゃみという症状が出ているのでわりと釣行が大変です。

それでも、渓流に行ってしまうのが釣り人のさがなんでしょうね。

釣行日の情報

釣行日:2024年5月16日
釣行時間:9時30分~15時
釣行河川:和賀川支流
天候:曇り時々雨
最高気温:20℃
曇天_20240516
まさに曇天。
釣り場に着いたときは、雨が降っていたので家に帰ろうか迷ったくらいです。

しかし、天気アプリの予報では雨は一瞬。
信じて釣り上がることにしたわけです。

タックル紹介

アンバサダー1500C_20240516

ロッド:モーリスグラファイトワークスBWS-50FCX
リール:アンバサダー1500C
ルアー:ハンドメイドミノーWarabi50S(パーマーク)
ライン:アプロード BFTベイトフィネストラウト4lb

前回に引き続きアンバサダーでやってきました。
2023シーズンは、結局2釣行くらいしか使用しなかったので、今年は活躍の場を増やしたいと思っています。

ヤマメを釣る

釣行開始が9時半頃。
現場には9時過ぎに着いたのですが、予想より雨が降っていたので少し躊躇していました。

しかし、天気アプリの情報によると、あとはほぼ降らない予報だったので釣行スタート。
アンバサダーでの釣行ということで、今回も小渓流に来てみました。
和賀川水系_20240516
前回の釣行ではイワナだけだったので、今回はなんとかヤマメを釣り上げたいと思い、これまでイワナよりヤマメの釣果が多い渓流を選びました。


釣行開始直後は、キャスト練習のようなものでしたが、5分ほど釣り上がったポイントでバラシはするもののヤマメと思われるアタリあり。

これは、なんとかヤマメを釣り上げることが出来そうだなと思っていました。


そして、開始から30分ちょっと釣り上がったこんなポイントにて。
ヤマメ1ポイント_20240516
浅瀬が続くポイントですが、その中にあるやや深めのゾーン。
写真の中央やや右側にある木の周辺を狙ってキャスト。

少し沈ませリーリングするとヒット。
ヤマメ1_20240516
小ぶりですが、本命のヤマメを釣り上げることができました。
ある意味、この日のミッション終了です。


とはいえ、最終ポイントまではまだあるので釣り上がることに。

すると、10分も経たないうちに。
ヤマメ2ポイント_20240516
際程のポイントと同系統のポイントですが、釣れやすいゾーンが広くなっています。
ここでは、1投目のアップストリームでチェイスを確認。
それなりのサイズに見えたので、なんとかヒットさせたいと思っていました。

そこから着水点を少しずらしながら2投しましたが、反応なし。

4投目は、1投目と同じあたりに着水させ、喰わせの間を取るように心掛けて操作していました。
そして、ヒット。
ヤマメ2_20240516
やっと20cm台のヤマメが釣れました。
パーマークも綺麗です。


その後、まだ釣れやすいゾーンが続きていましたが、だんだんとキャストごとに藻がからむように。
藻がからむ
最終ポイントが近付いた区間では、1投ごとに藻。
完全に集中力が切れました。

こんな感じで最後の1時間くらいは藻との格闘。
で、12時頃終了。


昼食をはさんで、午後からはスピニングタックルで広めの渓流を攻めてみましたが、3バラシで釣果なし。

確実にヤマメだったのですが、ヤマメの場合ダウンストリームだとバラす確率が高くなる印象です。

なので、アップストリーム主体となるのですが、今回は場所確認のために少し釣り下りをしていたので致し方ないですかね。


それでも、今回目標としていたもう一つのミッションは遂行できました。
藤の花と渓流_20240516
はい、藤の花の写真を撮ることです。
できれば、バックに渓流という絵。

辺りを見回しながら釣りをして、なんとか撮影できそうなポイントを見つけました。
新緑も深まってきましたね。
藤の花_20240516
クマと遭遇しやすい時期に入ってきました。


もはや熊鈴は釣り道具というほど、僕にとっては必要なものです。
↓Amazonのリンクです。
冒険倶楽部(BOHKEN CLUB) 各種